草津ホテル別館・綿の湯【草津温泉おすすめ日帰り入浴スポット】

kusatuhoterubekkan-watanoyu-kusatuonsen草津温泉でおすすめの日帰り入浴できる宿を何度か紹介したのですが、草津ホテル別館・綿の湯もかなり良い評判の宿ですよ^^

今日は、草津ホテル別館・綿の湯に実際に宿泊された事がある方から、おすすめ温泉旅館の口コミ評価のお便りを頂きました。

草津ホテル別館・綿の湯は、どのような特徴のある温泉が楽しめるのでしょうか?

草津温泉に日帰りで行かれる方は、是非下の情報を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

テレビ番組でも紹介された有名な宿

名高い草津温泉ですし、特に一人旅ではどこも料金が高めですが、「草津ホテル別館・綿の湯」は一人旅に優しく料金がリーズナブルでした。

確か以前、テレビ番組で紹介されていたのを覚えています。

場所は格調高い草津ホテルの目の前、西の河原公園も近くで、もうもうと蒸気にけむる地獄のような風景を散策で楽しめます。

草津温泉のシンボル『湯畑』までは徒歩10分もあれば行ける立地です。

草津ホテル別館・綿の湯から湯畑までの道は西の河原公園と湯畑を結ぶ道ですから、人通りも多くお土産屋さんや食事処でにぎわっています。

女子の一人旅であればとても安全な周囲環境と言えるでしょう。

スポンサーリンク


草津ホテル別館・綿の湯は2007年7月オープンで、館内は明るく清潔な感じがしました。客室は広いです。

一人旅で、セミダブルベッドが二つですから申し訳ないくらいです。

お風呂はこじんまりとしていますが、

  1. 『わたの湯』
  2. 『万代鉱』

という2種類の浴槽があります。もちろん源泉かけ流しです。

わたの湯は白濁のお湯でpH2.05、草津温泉でも入れるのはわずかとのことです。

万代鉱は無色に見えますが、pHが何と1.5とかで肌にピリピリしみます。

後で知りましたが万代鉱源泉は硫黄鉱山の坑道から湧き出したそうです。

狭い浴槽でもさすが草津温泉、どちらも泉質は一級品です。

夕食は食前酒から始まる和食のフルコースで宿泊料金から考えると大満足でした。


草津ホテル別館・綿の湯での宿泊時の感想と体験談、ありがとうございました^^

かなり温泉のイメージがしやすかったです☆

この宿は、日帰りプランもあるようなので、温泉に入って、料理を食べて帰るということもできるようですよ!

Ads by google