宝珠山立石寺(通称:山寺)へ行った思い出とアクセス方法

houjyusanrissyakuji-yamadera宝珠山立石寺(通称:山寺)は、現在の何県にあるでしょうか。

宝珠山立石寺は、仙台から電車ですぐ行けて、日帰りができる霊場でとても有名です。

ですが、現在は山形県山形市という地名で間違いないようです。

山形市役所にどういうふうに表記されているかは確かめていませんが、グーグルマップでは下の画像の住所が表示されています。

スポンサーリンク

houjyusanrissyakuji-yamadera1

1015段の石段を登って奥之院へ

JR仙台駅から仙石線でちょうど1時間、東北の豊かな山の中を通って、その名も山寺駅で下車をすると、そびえる岩肌の上に宝珠山立石寺が見えます。

夏の終わり、秋の初めに訪れたので、松尾芭蕉の有名な俳句「閑けさや岩にしみ入る蝉の声」のように蝉が鳴いていたわけではありませんが、夕方ごろに訪れたということもあり、下山のころには夕日が木漏れ日になる中ひぐらしの鳴き声が響いてとても癒されました。

石段が1015段くらいあって奥の院に到達するのにドロドロになりそうと思ってランニングシューズを履いていったのですが、運動量的には程よいといったところで、必要以上に重装備で行く必要はない感じです。

スポンサーリンク


入山から山頂まで1時間半、下山を含めると3時間くらいで山寺駅に戻るくらいがちょうどいいです。

入山してすぐは、苔むした岩に囲まれた階段をひたすら登って行くのですが、まるでもののけ姫の世界にいるような厳かさがあって、まさにこの先が異界のような祠があったりします。

宝珠山立石寺はかなりおすすめのパワースポットです!

Ads by google