北海道神宮(札幌神社)【パワースポット】ご利益とお守りの効果は?

hokkaidoujinguu-sapporojinjya先月、北海道札幌市にあるパワースポット、北海道神宮(旧、札幌神社)に行ってきました。

以前から、北海道神宮には『幻の獅子狛犬』がいるという噂を聞いていたので、それを探しに行ってきました。

さて、この北海道神宮(旧、札幌神社)にはどのようなご利益の効果があるのでしょうか?

私の体験談や旅日記なども下に書いていますので、読んでみてください。

スポンサーリンク

神社の由来

1871(明治4)年に社殿が建立され、札幌神社と名付けられました。

開拓三神という、大国魂神、大那牟遅神、少彦名神の三柱の神々が鎮斎されました。

そして、1906(昭和39)年に明治天皇を御祭神として増祀し、北海道神宮に改称しました。

幻の獅子狛犬

私はあらかじめ獅子狛犬の場所を調べてから行ったので、割とすぐ見つけることができました。

それでも、見つけた時はとても感動しました。

すぐ近くには本殿があり、七五三や結婚式でたくさんの人が北海道神宮にいるはずなのに、幻の獅子狛犬の周りには人がいないのです。

静かな空気の中で佇む姿は凛としていて、見ていると気持ちが落ち着き、そして引き締まるような気がしました。

北海道神宮の空気は澄んでいて有名ですが、幻の獅子狛犬の周りに流れる空気はもっと澄んでいるような気がしました。

私は落ち込んだ心を浄化して、全体的にアップさせたくて行きましたが、気持ちにゆとりを取り戻せて心の断捨離ができました。

スポンサーリンク


獅子狛犬は、島判官の像を越えて、職員専用の通用門の前にいます。

1911(明治44)年5月に奉納されました。

ご利益と効果

北海道神宮は、勝負運、恋愛運、縁結び、金運などのご利益があるそうです。

第3鳥居をくぐると金運がアップすると、今ネットで話題ですよね。

あとは、お守りもすごく良いのがありますよ!

私は、この北海道神宮に来てから、お仕事関連で良いご縁が絶えません。

これもご利益の効果が出ているのでしょうか^^

Ads by google