【ワンピース】サンジがゼフに土下座して「くそお世話になりました!」感動の名シーン

kusoosewaninarimasita私はワンピースが大好きで、感動したシーンは本当にたくさんあってどれもこれも紹介して行きたいのですが、今回あえて選ぶとしたら、サンジが仲間になる話が感動しました。

サンジはいったいどうなったのでしょうか?まずは、こちらの記事をお読みください。

スポンサーリンク

海上レストラン・バラティエの仲間たちとの別れ

サンジは海上レストラン・バラティエの副料理長で、そこのオーナー兼料理長・ゼフとは毎日のようにケンカばかりです。

最初は若気の至りで口の悪いおじいさんに反抗期の青年なんだと思っていたんですが、過去の話を読むとイメージが変わりました。

ゼフは元海賊で、サンジが幼い頃乗っていた客船オービット号を襲いますが、嵐で船が沈みサンジとゼフは遭難してしまいます。

ゼフは小さな袋に入った食料をサンジに与え、自分は大きな袋に入ったものを一人占めします。

食料がなくなったサンジはゼフのところへ行き、大きな袋に入っている食料を奪おうとしますが、なんと袋の中身は全部お宝で、ゼフは自分の片足を切断し食べることで生き延びていたのです。

スポンサーリンク

命を助けられたサンジはゼフが作った海上レストラン・バラティエで働くことで恩を返していこうと決意します。

ルフィが船の一部を壊してしまった罰でバラティエで働くことになった矢先、海賊クリークがバラティエを襲い、ルフィとサンジは戦います。

クリークたちを倒し、ルフィはサンジをコックとして仲間に誘いますが、サンジはゼフへの恩返しをするため断ります。

しかし、ルフィに夢であるオールブルーについて話す姿を見たゼフは、サンジが出ていきやすいようにバラティエのスタッフ全員に、サンジの料理をまずいと言うように指示します。

そんなゼフの思いを知ったサンジはルフィについていくことを決意します。

サンジは何も言わずバラティエを出ようとしますが、見送りに来たゼフから「サンジ、風邪引くなよ。」と言われ、涙を流して「オーナーゼフ!長い間…くそお世話になりました!」と土下座をします。

普段はケンカばかりの二人ですが、瀕死の中を共に乗り越えた二人の絆がとても強いことにとても感動しまして、思わず涙が出てしまいました。

Ads by google