台湾の食事マナー【台湾では、パンをお箸で食べるのが当たり前?!】

pan3今日は、台湾によく旅行に行く方からお便りが届きました。

なんでも、台湾の食事マナーでは、お箸でパンを食べるというのです。

なぜ、お箸でパンを食べるのか?それでは詳しくお話をご覧ください。

スポンサーリンク

面倒くさいから箸で食べる

私は、台湾も台湾人も大好きなので、よく行きますが、えっ?と思うようなことは、沢山あります。

例えば、台湾の食事マナーの1つで

バイキングのレストランや、ホテルでのモーニング、会社のランチタイムなどで、よく見るのが、パンをお箸で食べる図。

菓子パンでも、トーストでも、なぜかお箸で食べています。

明らかに掴みにくいので、ぎこちない動作なのですが、きれいに手を洗って食べるとか、せめてフォークをもらうとか、そういうことは考えないみたいです。

大きなパンにお箸をさして、ちょっと見、何を食べてるのかわからないこともしばしば。

台湾人の友達に、「何で?」と聞いたら、「手が汚れるのがイヤ」だそうです。

スポンサーリンク

「手を洗えば?」と言うと、「面倒くさい」と言っていました。

後、ジャムトーストを食べながら、海藻の炒め物をおかずに食べたりするので、お箸を下に置かずに、何でも済ませられる。

それはそれで、合理的なのかもしれません。

台湾のパンは、それ自体、かつおぶしのようなものがかかっていたり、漬物風のものが載っていたりと、
変わったものが多いので、パンとご飯の境目がないのではないか?と、勝手に想像しています。

ちなみに、台湾で、私もお箸で食べるのを試してみました。やっぱり食べにくい。

特に大きい菓子パンだと、どうなんだろう・・と思って、普通に手で食べています。


手が汚れるから!確かにそれは僕も以前から感じていました^^

僕の友だちも、ポテトチップスをお箸で食べる人がいるのですが、理由を聞くと「手が汚れるから」と言います。

これは、食事マナーで世間一般論でありか無しかだけの問題であって、みんな食事の時に手が汚れるのは嫌なんだと思います^^

Ads by google