日本とフィリピンの食文化の違い【基本的に牛肉食べない】


philippine-syokubunka今日は、またフィリピンに住まわれている方からお便りがきました。

なんでもフィリピンの食文化は日本と違っていて、

①牛肉はあまり食べない
②ラーメンライスが成立しない

ということです。

詳しいお話を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

私はフィリピンで食堂を始めて6年目、日本とフィリピンでの食文化の違いをご紹介します。

①牛肉はあまり食べない

私の店は大学通りにあって、お客さんは学生ばかり。

そこで、数年前に日本のカレーライスを紹介したいと考えビーフカレーとポークカレー、それにチキンカレーを作ったのですが、
学生達の注文は、チキンカレーやポークカレーが中心でビーフカレーはまったく出ませんでした。

日本ではビーフカレーは高級品と思われがちなのですが、この国はそうじゃなかったんです。

フィリピンの牛肉は固くて筋ばかり、歯の弱い人なんか噛み切れたもんじゃありません。

理由はそんな大きな動物を飼育する経済的な力を持った事業者が少ないことなどが上げられますが、とにかくここでは、牛肉はあまり食べません。

スポンサーリンク

②ラーメンライスが成立しません

お酒の後や若い人の昼食と言えば、ラーメンライス。

日本ではそうなのですが、フィリピンではヌードル料理は焼きそばやスパゲッティを含めて食事という概念はありません。

それは、彼らにとっておやつなのです。

ですからラーメンとライスを注文する人は当店がラーメンを売り出して以来一人もいません。

ちなみに、ラーメンだけでは足りない人はラーメンとパンを注文します。


私も、学生のころは、焼きそばとご飯、ラーメンとご飯を注文したものですが、フィリピンではあり得ないことなのですね。

あと、フィリピン人は牛肉を食べない事に驚きました。フィリピンではあまり高級な食材ではないのですね。。

日本とフィリピンの食文化の違い、とても面白いお話でした^^

また面白いお話があれば、ご紹介しますね!

Ads by google