日本と海外のサービスの違い。日本のサービス精神とおもてなしの心を感じよう


nihon-kaigai-service海外旅行をしたことがない人、海外に住んでみた事がない人は、いかに日本のサービスが良いかをご存知でしょうか。

海外の人からすると、日本のサービス精神【おもてなし】の心は、とても素晴らしく映るようです。

例えば、こちら

スポンサーリンク

旅行に行ってまず感じる事が

  • 日本では当たり前な事
    飛行機などの乗り物に関して アナウンスで<○番ゲートから○○行きの○○が発車します
    ご乗車の方はお急ぎください>などの 案内がある。
  • 海外では
    時間厳守のため アナウンスなど一切ない

などが上げられます。

その他、日本でよく見られる光景として

  • 幼少期から親切すぎるほどの<カスタマーサービス>が当たり前
    そのためにそのサービスが当たり前と思い 成長していく。
    ※日本のコールセンターでは <文句を言えば通じる場合有>という
    暗黙の了解のようなルールがあり 無茶ブリをしかけてくるお客有
  • 親が子供の監視をしすぎる。そのために子供一人では何もできない
    決断もできない 自発的にしようとしない
  • 教育の現場でも 先生が生徒に手を触れることもできない
    ※手を使って教える現場などでは すぐにセクハラなどといわれるので
    他の生徒の手を使って 教えたい生徒の手に触れる?などのことが起きているようである

海外ではこのような感じです

スポンサーリンク

・筆者は全て生活したことはないが おそらく日本ほどカスタマーサービスは 充実してはいません
接客についても アメリカと日本では運例のさがある
筆者の知り合いに外資系の日本法人に勤務している方がいるが、

「アメリカ生活が長い帰国子女の新入社員を雇うと、バイリンガルでとても頭もきれるが、お客様にタメ口で話さない教育が大変だ!」と言っていました。

日本と海外のサービスの違いってすごく大きいんですよね。

日本のサービス精神とおもてなしの心を当たり前だと感じて生活している人は、是非一度、その文化の高さを感じながら生活してみるのも良いでしょう。

Ads by google