ニューヨークのタクシーは乗車拒否、横からの割り込みは当たり前だった

newyork-taxi今日の取材は、ニューヨークで過ごしたことのある方です。

なんでも、ニューヨークのタクシーを乗る際に乗車拒否、横からの割り込み、が普通にあるとのことです。

それでは、内容をごらんください。

スポンサーリンク

日本では、道端からタクシーに乗る際は、タクシーを見つけて手を挙げて乗車をし行先を告げ、行先まで運んでいってくれます。

しかし、NYでは、道端に出て自分が止めたにも関わらず、横から割行って乗られてしまうケースがあります。

また、乗車するまえに運転手に行先を聞かれますが、答えた場所が市街だと遠すぎて拒否される場合があります。

逆に近すぎても、拒否される場合がありますので、タクシーを捕まえたら、周りを気にしながら素早く行先を告げて乗車するのが無難です。

割り込まれてもしっかり自己主張をすることが重要です。

もうひとつは、相乗りが当たり前です。

スポンサーリンク

大雪の時と、地下鉄のストライキが起きた時に遭遇しました。

日本では、自然災害でタクシーを利用する人が多くいる際でも、
しっかりと並んで一人ひとり乗車していきますが、
NYでは4人乗車のタクシーが通常ですので、
席が空いていれば同じ方面同士が乗車し、その区間までの金額をシェアしあいます。

合理的でとても良いと思いますが、
衝撃的でしたのがタクシーの目の前で体当たりしてボンネットをボンボン叩いて乗せろ!と言わんばかりに、
無理やり乗車している人を見たとき、日本人には決してマネできないスタイルだと思いました。


ニューヨークのタクシーに乗るときは本当に気をつけてくださいね^^;

無理やり乗車してくるなんて怖いですよね。。

Ads by google