イタリアのスーパーのレジは座って接客するのが当たり前だった!

itaria-reji今日は、イタリアに住んでいた方からのお便りが届いています。

なんでも、イタリアのスーパーのレジでは、座って接客するのが当たり前らしいのです。

それでは、下記のお話をご覧ください。

スポンサーリンク

日本ではスーパーマーケットなどのレジは立って接客するのが当たり前ですが、イタリアではレジは座って接客するのが当たり前です。

イタリア人に限らず欧州諸国大体共通して、レジ等の接客は座って行うのが当たり前です。

合理主義の考えが徹底されているのでしょう。

レジで立って接客するメリットがどこにも見当たらない、と言うのが一番の理由だと思います。

日本と違って「お客様第一」的な考え方がありません。

日本でもし大手のスーパー等がレジで座っての接客を始めれば、必ず態度が大柄だの、座って接客とは何事か!というようなクレームがつくでしょう。

つまり日本人の考えでは、店員は客に頭を下げるもの、低い態度に出て当たり前、なのです。

スポンサーリンク

ところが、このルールは欧州諸国では一切通用しません。

よほどの粗相がない限り店員が客に対し謝罪するなどと言うことはあり得ませんし、下手に文句をつけようものなら、逆切れされるのがオチでしょう。

下手な愛想笑いや丁寧なお辞儀等の「サービス」は求めるだけ無駄なのです。

では、イタリアのレジ係が笑顔もなしにただ仏頂面で仕事をしているか、と言えばそういう訳ではなく、客との間には大概いつもフランクなおしゃべりが交わされています。

はじめて顔を合わす相手でも、まるで知り合いのような気安さでちょっとした会話を交わす、そんな和やかさが店員と客の間にはあるのです。


なるほど。日本のスーパーのレジでは気安く会話を交わすなんてことありませんが、イタリアではあるのですね~。

せかせかしていなくて、とても良い雰因気だと感じました^^

また何か、日本と海外の違いで面白い話しがあったら、お便りくださいね☆

Ads by google