インドの農村部は携帯の充電ができないため【30日携帯というものが流行っている!】

indo-30keitaiこの情報は「日本や世界や宇宙の動向」というタイトルのブログにのっていた情報です。

インドの農村部の情報らしいのですが、どのような情報なのか?

下記の記事をお読みください。

スポンサーリンク

日本では携帯の充電ができるみたいですが、
インドの農村部は携帯の充電ができないため
30日携帯というバッテリー仕込みの携帯がはやっているようです。

なぜインドの農村部でこのてのバッテリー込の携帯がはやっているかというと、
電線が関係しているようなのです。

日本のインフラつまり電線は海外に比べて非常に高く、
山奥にいかない限り電気がない生活というのはあまり考えられないほどです。

40年ぐらい前に北海道で電気が来ていない村の出身の人がいましたが
それも発見され次第にインフラ工事を行った結果、
すぐさま電気が使える村に変貌する位サービスがいきわたっています。

スポンサーリンク


それに比べて、海外、特に中国やインドといった電線が通らない農村部では
普通だと充電ができないので使えない携帯も電気式のバッテリーを携帯に差し込むことで
携帯が使えるように早変わりしたようです。

この辺は国家の豊かさが関係しているというよりは
日本のインフラ整備が海外に比べて段違いに突出しているのが原因だそうです。

情報源はオーストラリア在住の人なので正しいと思います。

Ads by google