イギリスのトイレ事情【イギリスではトイレのドアを閉めると怒られる?】

igirisu-toire-doa今日は、イギリスにホームステイしていた方からお便りが届いています。

なんでも、イギリスではトイレのドアを閉めると怒られるらしいのです。

なぜトイレのドアを閉めると怒られるのでしょうか?

詳しいお話をご覧ください。

スポンサーリンク

昔からの習慣があった

日本では使用していないトイレの扉は閉めるのが当たり前ですが、海外(私の場合はイギリス)では扉を閉めたことを注意されました。

http://www.kaigaiijyu.com/country/newzealand/culture.php

上の記事にもあるように、やはり海外、特に欧米イギリスではでトイレの扉を開けっぱなしにすることは正しいようです。

記事の国はニュージーランドですが、ニュージーランドは昔、イギリスの植民地だったからだそうで、私がホームステイをしていたロンドンもその習慣があって当然なわけです。

だから私がランドレディ(ホストレディのことです)に注意をされても仕方がないのです。

だって扉を閉めていたら誰もトイレに入れないから、家中の人が皆膀胱炎になってしまいますもの(笑)

スポンサーリンク

日本だと匂いが外に出るからとか、トイレ自体が汚い場所というイメージから必ず扉を閉めます。

かわりに入っているかどうかを確認するために扉をノックする習慣があります。

海外だと不思議な習慣になるようです。

ちなみに先日わざとトイレの扉を開けっぱなしにしてみたところ、6歳の娘に「ママ、トイレの戸は閉めてよね!」と怒られてしまいました。


なるほど。イギリスは、 ドアを空けておくことで誰もトイレを使用していないと認識できるのですね。

この話しのテーマを見た時に、トイレに入ってる時も開けておかなければいけないのか?と思ってしましましたよ^^;

でも、とても役に経つお話ありがとうございました!

Ads by google