中国のトイレはドア鍵やトイレットペーパーが付いているのは当たり前ではない【中国のトイレ事情】

toire2今日は、中国に行ったことがある方からお便りが届いています。

なんでも、中国のトイレは、ドアの鍵や、トイレットペーパーがついていないことがよくあるらしいのです。

その理由はどうしてなのでしょうか?詳しくはこちらのお話を見てください。

スポンサーリンク

ひどい条件で用をたす

中国では、首都の北京でさえ、トイレに鍵が付いていないことがよくあります。

初めて訪れた時はかなりひきました。

どうやって中に人がいるのか見分けるのかと中国の友達に聞いたところ、下から覗いて足が見えるかどうかで判断するそうです。

高級レストランでない限り、鍵が付いていないだけでなくトイレットペーパーもついていません。

友達曰く置いておくと必ず盗まれるからだそうです。

鍵が付いていないだけならまだしも、農村部へ行くと、扉までなかったりします。

目を疑ったのは、おばちゃん同士隣並んで用を足していたり、ひどい時は向かい合ってお喋りしながら用を足していたりします。

スポンサーリンク

「これはさすがに無理だなあ」と正直に中国人の友人に話すと、「でも、日本人はみんな裸で温泉や銭湯に入るでしょう?

我々からするとあれの方が理解しがたい。

丸裸を見られて恥ずかしくないの?」と逆に質問されました。

丸裸を見られるのと、用を足しているのを見られるのは全く別問題のような気がするけどなあ。。

異文化と言うものでしょうか。


なるほど、確かに、日本人は混浴とか普通に文化としてありますから、そこは海外の人達には理解しがたいことかもしれませんね。

そういう意味では、中国もトイレに鍵がついていなかったり、トイレットペーパーが盗まれるのが当たり前だったりするのは、文化なのかもしれませんね。

Ads by google