中国では食べきれない量の料理を出すのが客人に対しての礼儀だった

chugoku-tabekirenai今日は、中国によく仕事で行く方に取材をさせていただきました。

私も、実は少し耳にしたことがあるのですが、中国では客人に料理を出すときに絶対に食べきれない量の料理を出すらしいのです。

この実体験の話を聞くことができましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

私は時々中国に仕事で出張に行くのですが、毎回毎回中国の業者の人との食事のときはとても食べきれない量の食事を出されます。

最初のうちはせっかく注文して出してもらった食事なので、残しては失礼だと思い一生懸命食べたのですが、
だんだん残りの料理が少なくなるとまた注文されてしまいます。

私がもう食べられないのでもう注文しなくても大丈夫だと言っても注文してしまいます。

当時の私の認識では、残しては失礼だと言うこともあるのですが、もったいないとのことも思ってしまいつい無理して食べていました。

しかし、どうやらそれは文化の違いだったようです。

スポンサーリンク

ある時、いつも一緒に出張に行く上司にいつも無理して食べてることを告げたら、
上司が言うには中国の習慣として客人に料理を振舞うときは必ず食べきれない量を提供しなければ失礼だという慣習があるようです。

(客に満足してもらうため)

だからどれだけ食べても残りが少なくなったら注文してしまいます。

皆さんも中国に行くときは気をつけてください。


面白いですね。

日本のおもてなしに近い思想だと思います。

中国でも人に対する気遣い心遣いの文化があることが、より深く理解できました。

Ads by google