オーストラリアとイギリスの食器の洗い方【洗剤は洗い流さないのが普通?!】

australia-uk-syokki今日は、オーストラリアとイギリスに住んでいた方2名に取材をさせてもらったのですが、とても面白いお話が聞けました。

それは、オーストラリアとイギリスの食器の洗い方は、洗剤がついたまま洗い流さないのが普通だということです。

それでは、詳しい内容をご覧ください。

スポンサーリンク

イギリスとオーストラリアは、食器を洗った洗剤を流さない

イギリス在住の者です。

これはオーストラリアに行ったときも同じ経験をしたのですが、
食器を洗うとき、熱いお湯に洗剤を入れて泡立てて、
その中に汚れた食器を入れて洗って、それを洗い流さずにそのまま出すんです。

人によってはそれを布巾で拭いてしまう人もいれば、そのまま乾くまで置いておく人もいます。

ちなみにわたしは国際結婚をしていますが、主人の家族全員このやり方です。

泡がまだついていると言っても、「拭くから大丈夫よ」とか「毒じゃないから大丈夫よ」と言われます。

こっちで見る映画やドラマ、普通のニュースで出てくる一般人も、当たり前のようにこのやり方で洗っています。

スポンサーリンク

今は食洗器がだいたいどこの家庭にもついているので、
食洗器で洗ったものはキレイですが、手で洗ってまだ泡だらけの食器を、
次の食事のときに使うのはなかなか勇気がいります。

さすがに息子が生まれてまだ小さいときは抵抗がありすぎたので、家族に説明をして泡を落とさせてもらいましたが。。

これは文化の違いであり、「郷に入れば郷に従え」のように、私がこのやり方に慣れなくてはならないのでしょうか(笑)

イギリス在住5年目の今でもなかなか慣れません。。


日本では食器を洗うとき泡をきれいにおとすが、オーストラリアでは泡をあまりおとさずふくだけ

オーストラリアにホームステイしたとき、食後は食器洗いのお手伝いをしていました。

日本では食器を泡で洗ったあとにきれいに水ですすぎますが、
そのお宅ではシンクに水をためて洗剤を入れて泡あわの液体の中に食器をいれ洗い、
その後そのままタオルでふいておくだけでした。

初めて見たときはかなりカルチャーショックをうけましたが、

オーストラリアでは水不足のため、水をジャージャーと流したりしないで大事に使うようになったのだと聞きました。

もしかしたら私のホームステイ先だけこのように洗っているのかもと思い、
他の日本人の学生に聞いてみましたが、その子のホームステイ先も同じように泡をあまりおとさないままタオルでふきあげているようでした。

泡のついた食器で食事をすることは体に悪い気がして嫌でしたが、実際は体の調子が悪くなるということはなかったです。

水が貴重な地域もたくさんあるだろうから、
日本のように水をジャージャーと使いお皿を洗っているほうがもしかしたらめずらしいのかもしれない、と思いました。


いやいや、やっぱり洗剤を洗い流さないのは体に危険ですよね^^;

イギリスとオーストラリア、恐るべしです。。

Ads by google