アメリカの食事マナー【スープの器に口をつけない。お皿は持たない。】

amerika-syokuji-manner今日は、アメリカでの食事マナーで、日本との違いと体験した人に取材をしてきました。

なんでも、アメリカでは、日本と違いスープの器に口をつけたり、器をもったりせず、味噌汁でさえもスプーンで飲むそうです。

とても面白そうなので、少し詳しく聞いてみました。

それでは、取材内容をご覧ください。

スポンサーリンク

日本では、ごはんを食べる際に、お茶碗を手で持って食べますが、アメリカでは絶対にお茶碗(お皿)を手に持って食事をしません。

日本だと、お味噌汁を飲むときは口をお椀のフチにつけて、お汁を飲みますが、アメリカでは食事のマナー違反になります。

みな、お汁物はスプーンでのみ、お皿の上の食べ物は、お皿をテーブルに乗せたまま、ナイフやフォークで頂きます。

私は、アメリカに住んで14年になります。

今の主人(アメリカ人)と結婚して、もうすぐ6年になりますが、付き合っていた当時、
日本食大好きな主人にお味噌汁、ごはん、焼き魚、煮物などの和食を作り、一緒に夕食を食べ始めたのですが、
主人がじーっと私をしばらく何も言わずに見ていたので、不思議に思い、「どうしたの?」と聞くと、
こちらでは、お椀は手に持って食事をしないと・・・お味噌汁も口をお椀のフチにつけるなんて・・・と言いました。

今まで日本で育ってきた私にとっては、あたりまえのことでしたが、主人にとっては、見たことのない食事の仕方だと少し驚いたようです。

スポンサーリンク

日本では逆に、おわんを持って食べなければいけない、お味噌汁なんてスプーンで飲まないということを教えましたが、
うちでは今でもずっとお味噌汁を出すたびに、れんげも一緒に出さなければいけなくなりました(笑)

そういえば、こちらの日本食レストランにもお味噌汁にれんげがついてきます。

やはり、汁物は絶対にスプーンでってことなんでしょうね(笑)


日本人にはビックリな習慣ですね。

日本では、小さい頃から「ご飯は持って食べましょう」と教えられてますから。

これからも、このような、異文化の面白話があればご紹介します^^ 楽しみにしててください☆

Ads by google