アメリカのお金の払い方【レジでお金を払う時に注意する事とは!?】

america-okaneharaikata今日は、アメリカに住まわれている方からお便りが届いています。

なんでも、アメリカでは、レジでお金を払うときに注意事項があるのです。

もし間違ったお金の払い方をすれば、とても失礼なことになってしまうみたいですよ!?

ひとまず下記の体験談をご覧ください。

スポンサーリンク

レジでのお金の払い方。文化の違い。

コンビニや洋服屋、どこでもいいのですが、レジでお金を払うというシーンでの話です。

日本ではお金はみんなが触っていて汚いものと認識され、お金を払う所では絶対と言っていいほど、お金を置くトレーというものが用意されています。

しかし、アメリカにそのトレーはありません。存在しません。

お金を置こうとしたら、直接カウンターに置くという事になってしまうのです。

以前アメリカへ旅行に行った際、黒人の女性店員を目の前に、
私はお金を直接渡したりするのは良くない、小銭とかは数えにくいと思って、カウンターへ直接お金を置きました。

スポンサーリンク

すると横にいたアメリカ人の主人が、お金は直接店員さんの手に渡さなくてはいけないカウンターにお金を置くのは失礼に当たると言われました。

何故なら、さすがは他民族国家とでも言うのでしょうか、
直接店員さんの手に触れないということは、つまり、店員さんの手が汚くて触りたくないと思われている、
特に黒人さんなんかの場合人種差別に当たるのだと教えてもらいました。

日本とアメリカ、全く逆の発想です。


とても役に立つお話ありがとうございました!

これは、このお金の払い方は、日本人には絶対に気づけ無いポイントですよね。。

みなさんもアメリカに行かれる時には、お金の払い方を注意してくださいね!

Ads by google