携帯電話の料金、家賃、駐車場利用料金、国民年金、クレジットカード使用金などを滞納した理由

creditcard2今日は、帯電話の料金、家賃、駐車場利用料金、国民年金、クレジットカード使用金を滞納した方からお便りが届いております。

この方は、過去の自分を非常に分析しておられます。

こういう反省をする思考であれば、もう失敗はしないと思いますので、お金にちょっとだらしないな~と思う方は、是非参考にして見てくださいね。

それでは、こちらを読んでみてください。

スポンサーリンク

  1. お金がどうしても用意できなかったとき
  2. 支払い期限を忘れていたとき

一般的にもそうであろうと思いますが、支払い滞納をするパターンは大きく分けて上記の2つあります。

  • まず、お金をどうしても用意できなかったパターン。

これは、若い頃によくありました。大学時代です。

スポンサーリンク

水商売等をすればすぐに稼げるなと思いつつも、地味に夜間工場やイベントコンパニオン等の日払い日雇いのアルバイトを空いている時間じゅうぎっちりいれて、稼いで支払いました。

親にどうしても払えなくなったと泣きついて10万円もらったこともありましたが。

しかし何年前だったかにグッドウィルの問題がニュースになってから日払い日雇いのアルバイトは減ったようですね。

  • 支払い期限を忘れていたパターン。

これは、昔ほどお金に困らなくなった現在でもよくやってしまいます。納付書を大量の郵便物とともに破棄してしまったりしてすっかり忘れることが多いです。

督促状をみて、延滞金がもったいないなぁと思いながら払うことがままあります。

ま、ひとことでいえば「だらしない」のですが、昔お金がなかった時代によく滞納していたことで、滞納への心理的ハードルを下げてしまったのかなと無駄に自己分析しつつ、おそらく今も何かを支払い忘れている日々です。

Ads by google