自動車税を滞納しなければならなかった事情とは

jidousyazei-tainou今日は、自動車税を滞納した方からお便りが届いています。

この方は、自分が乗っていない車の自動車の税金だったらしく、とても不運というしかありません。

どのような事が起こって、自動車税を滞納してしまったのでしょうか?こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

請求の書類は届いていたけれど…

自動車税については家族で運転免許を持っているのが父親だけだったので,普段父親が支払っていました。

そんな中,急に父親が病気で長期入院したため家族の誰もが自動車税の存在を忘れていたため,支払を滞納してしまっていました。

自動車税請求の書類が届いても基本的にのんきな家族は「これ何かな?まあいいか」と開封もせずにそのままほかっていました。

私が気づいた時には支払期限も切れていて延滞金もそれなに発生し、そもそも所有していた自動車がかなり旧型のミニバンだったのでずいぶんと高額な請求になっていました。

スポンサーリンク

当時父親の長期入院につきっきりで看病していた母親は休職中で家庭の収入は実質無し。

姉は大学生でバイトはしておらず,妹は中学生。

私は就職したてでまだ初任給も出ていない状態。

そんなこんなで家族会議が行われ,民主主義にのっとった多数決の結果,私の初任給で支払うという結論にいたり、泣く泣く私の初任給の約半分で延滞金を含め自動車税を支払いました。

 


多数決で支払者を決めたのですね^^;

でも、いつかは払わないといけないので、引き受けて良かったと思いますよ!

Ads by google