展示会の受付のバイトの口コミ評判【アルバイト時の感想と体験談】

tenjikai-uketuke-baito受付のアルバイトはたくさんありますが、その中でも展示会や個展の受付のお仕事もあります。

今日は、展示会(個展)の受付のアルバイトをしたことがある方から、口コミを評判の声が届いています。

展示会の受付のバイトはきついのでしょうか?楽なのでしょうか?

まずは、下のアルバイト体験者の口コミを読んでみてください。

スポンサーリンク

現代アートの個展でのお仕事

6年前に、都内で2日間限定の現代アートの個展の受付のアルバイトをしました。

当時私は学生で時間に融通がきくとのことで、簡単な面接で即採用が決まりました。

また、特に美術の専門知識などはいらないしとのことでした。

小さい個展だったので、その場にいるのは私だけで、少し離れた事務室に担当者がいるとことでした。

当日は、とにかくただ座っているだけでした。

メジャーなアートではなかったようで、1日の来場者は10名ほどだったと記憶しています。

正直なところ、経験したアルバイトで1番ヒマでしたが、私はぼーっとすることが苦ではない上に、来場者が誰もいない時は目立たないように本を読んでもいいと言われていたので、多少自由に過ごせていました。

スポンサーリンク


面白かったのは、たった1人だけかなり食いつきの良い来場者がいたことです。

60代後半くらいの男性でしたが、作品に使われている素材が気に入ったようで、しばらくの間、私に素材の豆知識を教えてくださいました。

作品を作った本人ではなかったので、申し訳ないと思いながらも、この男性が教えてくださらなければ、この個展の何がすごいのかがわからないままでした。

当時飲食店のアルバイトもしていましたが、そのバイトでも学校でも教わらない内容だったので面白い経験になりました。


個展に出展する方々や、展示会を見に来る方々は、とても個性的な人が多いですよね。

やはり芸術家肌といいますか。

でも、そういう人たちに触れ合う機会があるのが、展示会の受付のバイトの面白いところでもありますね^^

Ads by google