テレホンアポインターのバイトは高額時給だが仕事内容がつらい・・【体験談】

telephone-appointer-baitoみなさんもご存知のテレホンアポインターのバイト、とても高額時給なのはご存知ですよね。

実際にやってみたいと思う人も多いはず。

ですが、テレホンアポインターのバイトの仕事内容は、とても過酷なものらしいのです。

テレホンアポインターのバイトとは、どのような仕事内容なのでしょうか?体験談がありますので、まずはこちらを読んでみてください。

スポンサーリンク

時給は高いが仕事がつらすぎる

私がしていた高額時給のお仕事は家庭教師のテレホンアポインターです。

時給は3000円という高額、電話をするだけでその金額をいただけるということで興味を持ちました。

今成人した後になれば、そういった広告をみれば「怪しげだな」「なにかあるな」ということが、理解できるでしょうが、当時は高校生でお小遣い欲しさに応募し即日採用されました。

初日に行ってみると並ぶ電話機の前に座らされ、どこからもってきたかもわからない名前・住所・電話番号が、1枚に100件前後記載されている電話番号リストが渡され、上から順に全部かけていき、家庭教師を利用しないかどうか聞き、資料を送っていいか訪問していいか等アポイントの確認していくよう指示されました。

電話をかける時はなんでもいいから偽名で、当時私は高校生でしたが、有名大学の大学生を名乗るよう指示され、虚偽の自分のプロフィールで電話することに動揺しましたし、これは犯罪ではないか?など心配になりました。

スポンサーリンク

1日あたり約5時間、数百件も電話をひたすらかけ続けるのは、身体的にも精神的にも辛かったです。

また電話をかけると、鼻から罵倒されたり、からかわれることも多く精神的に辛い仕事ではありました。

1日にアポイントを5件取れればいい方で褒められますが、逆にアポイントが1件しか取れない方が、見た目からして怖そうな社員の方に罵倒されていて、それも怖かったです。

とにかく色々と怪しい部分が多い仕事で結局2ヶ月で辞めてしまいましたが、間違ってはいなかったと思います。


とても役に立つお話しをありがとうございました!

今から、テレホンアポインターのバイトをしようと思っている人にとっては、とても役に立つ内容だったと思います。

怪しいバイト、ありますよね。是非みなさんも気をつけてくださいね。

Ads by google