武蔵野市立中央図書館/三鷹駅近辺の図書館といえばここ!

musashinoshirituchuoutosyokan東京都武蔵野市吉祥寺北町にある武蔵野市立中央図書館は、三鷹駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

駅に近いともいえず、人が大勢いる繁華街からも離れていますが、専門書など様々な蔵書がそろっているという情報が入りました。

市民の憩いの場所にもなっているという図書館とは、いったいどのような場所になっているのでしょうか?

椅子やソファーも設置されていてひと休みすることもできますので、下記の情報を読んで行ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

多くの人がくつろぐことのできる図書館とは?

武蔵野市立中央図書館は吉祥寺の繁華街や駅からは遠いですが、蔵書もそれなりに多くよく利用する図書館です。

図書館の前にはちょっとした広場があり、大きな銀杏の木が植えられていて市民の憩いの場になっています。

1階には雑誌、児童書、CDなどの貸出コーナーがあり、それ以外の専門書や文芸書は2階にあります。

座って読めるスペースも多めに用意されているので、借りる資料を選別したり疲れた時に休んだりできて便利です。

机のあるスペースはたいてい埋まっていますが、椅子やソファーだけのスペースにはどこかしら空きがあります。

スポンサーリンク


本の貸し出しや返却の際は機械で行うことができるので、特に困ったことがなければ人を介さずに本を借りることができるのも良いです。

わからないことがあったりして図書館の方に何か尋ねた時には、親切に対応してくださいます。

児童書のコーナーは行くたびにおすすめの絵本が違っていて、読み聞かせの本を選ぶときなどは参考にしています。

季節ごとの壁面装飾も工夫されていて、毎回楽しみにしています。

2階のおすすめ本コーナーのテーマの選び方が素敵なので、図書館のスタッフの方のセンスを感じます。


武蔵野市立中央図書館を利用する方が多い理由がわかるような気がします。

季節ごとの装飾も、一生懸命に準備してみんなを楽しませようとしてくれる心遣いがとても嬉しいですね。

三鷹駅からは離れていますが、有料駐車場もありますので東京都武蔵野市吉祥寺北町に行かれる時は立ち寄ってみて下さい。

Ads by google