板橋区立西台図書館/東武練馬駅近辺の図書館の詳細

itabashikuritunishidaitosyokan東京都板橋区西台にある板橋区立西台図書館は、東武練馬駅から徒歩20分ほどの場所にある図書館です。

子供向けの絵本が置いてある図書館はどこにでもありますが、ここはさらに特徴があるという情報が入りました。

小さい赤ちゃんも一緒に楽しめる工夫がたくさんあるというというのですが、いったいどのような方法なのでしょうか?

静かな図書館に子供は連れて行きにくいと悩んでいる方は、ぜひ下記の情報を読んでみて下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんも一緒に親子で楽しめる企画とは?

東武東上線の東武練馬駅から徒歩20分ほどの住宅街の中にある図書館です。

ごく一般的な区立の図書館ですが、子供の本のコーナーがとても広く蔵書も多いことが一番の特徴です。

コーナー内には子供向けの高さの椅子とテープルがあるだけでなく、靴を脱いで入るカーペット敷きのフリースペースがあり、まだじっと座ってられないような年齢の子供が歩いたり、寝っ転がったりしながら本と触れ合ったり、紙芝居を楽しんだりすることができます。

この広いスペースを使って、赤ちゃん向けと幼児や児童向けのおはなし会というイベントが毎週開かれています。

スポンサーリンク


大人向けの書籍は、広さも蔵書数も他の図書館と大差はありません。

ですが、図書館の入り口を入ってすぐの場所に毎月、規制や社会状況に応じたテーマで書籍が集められ、展示されているのが印象的です。

このテーマは単純にお正月やクリスマスのような季節のイベントだけではなく、防災や子育てといった図書館を利用する人が普段から興味を持ったり接しているテーマも多く、こんな本があるんだ!!とついつい手に取ってしまうような本がたくさん展示されています。

少し残念なのは座る場所が多くないこと。雑誌コーナーの前にソファーがあり、そこでくつろぐことはできるのですが、テーブルと椅子のコーナーが数えるほどしかなく、勉強や調べ物をするために行ったら、座るところがなかったということもあります。


東京都板橋区西台周辺の方は、板橋区立西台図書館に通いやすくて羨ましいですね。

赤ちゃんのためにもたくさんの絵本や紙芝居に触れられるというのはいいことだと思います。

東武練馬駅から歩くとちょっとありますが、天気のいい日にお散歩しながら行ってみるのも楽しそうですね。

Ads by google