デニムって色の名前だと思っていたら実は生地の織り方だった!!!

denim-irononamae今日は久しぶりに私のバカ話しです^^

温かい目で見てくださいね~。それではこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

色落ちを楽しむ事が出来て今や世界中で履かれているデニム。

洋服に詳しくない私は、紺色のパンツは、全部デニムという色の名前のパンツだと思っていました。

でも調べてみたら、デニムには色々と種類があるという事を知りました。

デニムは10番手と言われる太さの糸をインディゴで染め上げたタテ糸と染めていないヨコ糸を綾織という方法で織った生地だそうです。

また、生地の厚さも様々でオンスと言われる単位で厚みを表すようで、一般には14オンスのデニムパンツが多いそうです。

スポンサーリンク

なんと、糸の撚り方にも種類があり右よりと左よりがあるとの事。

撚りの違いで生地にして履いた時に色落ちや履き心地が異なるそうです。

有名なリーバイスとリーでも糸の撚り方が違うと言う事で驚きです。

他にもカラーデニムやストレッチデニム、ダンガリーなど聞きなれない言葉のデニム生地があるようです。

日本の生産地は中国地方岡山、広島が盛んなようです。

機会があれば日本製のデニム生地は世界のデニム生地を履き比べてみたいです^^

Ads by google