バーミヤンのバイトの評判と口コミ/求人アルバイト募集情報はこちら!

ba-miyan-baito全国342店を有する中華料理のチェーン店「バーミヤン」。アルバイトの募集は求人雑誌やサイトでよく見かけると思います。

今日は、バーミヤンで実際にバイトをした事がある方から、アルバイトの感想の口コミと評判の声が届いています。

バーミヤンのアルバイトの仕事はどのくらいきついのでしょうか?

下に求人募集に関しての情報も掲載していますので、バーミヤンのバイトの評判と口コミの記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

忙しい時こそ楽しみを見いだせた

私の一番最初のアルバイト先がバーミヤンでした。

バーミヤンではホールを担当していたのですが、一番最初に覚えないといけないのが光る番号の意味。

1番料理が出来た。2番急ぎ。3番緊急。これは、バーミヤンで1、2、3の光る番号があるのですがその意味を覚えることと、フロアとしてハンディー操作です。

ハンディーには沢山の料理名が省略されて記入してあるので、それの場所をと正式名称を覚えることでした。

スポンサーリンク


料理名を覚えることは私にとってすごく苦労したことだったんですね。

お客様が例えばチャーハン一つ下さいって言った後に、オーダー繰り返します。

「バーミヤンチャーハン一つ。」

みたいな感じに、正式名称でオーダーを繰り返さないといけなくて、正式名称がとにかく長いものに対して覚えられず苦労しましたが、楽しかった事もあって慣れてきた頃に高校生の私が1人でフロアを任された時でした。

ピークタイムにほぼ全席満員で、でも自分は一人しかいなくて、そんな時にどう効率良く動きお店の回転を良くするか考えながら仕事をしている時が凄く楽しかったです。

お客様にレジで美味しかったですって言われるのも料理したのは自分ではないけど、すごく嬉しかったことです。


忙しい時に、自分で仕事をこなそうとする事が楽しいのは、会社から見て素晴らしいアルバイトさんですね^^

こういう事に楽しみを覚えられる人は、かなり優遇されると思います!

バーミヤンのバイトをこれから初めてみようという方は、是非、求人サイトを見て、近くのバーミヤンが募集を出していないか探してみてくださいね。

Ads by google