朝霞市立図書館/朝霞駅近辺にある図書館について

asagirishiritutosyokan埼玉県朝霞市青葉台にある朝霞市立図書館は、新座市と和光市と志木市相互協力をしていることでより便利になっている図書館です。

最寄りの駅は朝霞駅になっており、貸出冊数10冊と使いやすいこともあって多くの人に利用されています。

そんな朝霞市立図書館を日頃から使っている方が感じている、図書館のメリットとはどのようなものなのでしょうか?

興味はあるもののまだ行ったことがないという方は、ぜひ下記の情報を読み参考にして下さい。

スポンサーリンク

利用する人に人気のコーナーとは?

閑静な住宅街にあり、とても静かで入りやすい図書館です。

利用されてる方々もマナー良く過ごされています。

平日の15時頃に良く利用しますが、雑誌コーナーの丸いソファーは満席状態です。

さらに、「キャレルデスク」と呼ばれる社会人向けのスタンド付き座席があるのですが、これも平日の夕方付近になると満席になっているのを良く見かけます。

実用書コーナーや歴史コーナーの近くに設置されているとあってか、とても人気のようです。

こちらは利用待ちの方が多数いらっしゃって、順番が来ると店内放送で呼び出されます。

利用待ちの場合、図書館入り口から入って左奥にある「勉強コーナー」でも、長机とパイプ椅子が置かれており、座って調べ物等することは可能です。

スポンサーリンク


勉強コーナーでは飲食は禁止されていますが、別に「飲食コーナー」も設置されており、小さなお子様と一緒でもゆったり座れます。

ただし、図書館の本を読みながらの飲食は当然禁止されています。

また、「喫煙所」もあります。

館内から見ると室内のようですが、中庭(外です。冬の時期は寒そうです。)に設置されていてしっかり分煙されているなと感じました。

少しのんびりしたい時、集中して書き物を仕上げたい時に利用していますが、とても過ごしやすい図書館です。


朝霞市立図書館は、落ち着いて調べ物や読み物ができる雰囲気だということがよくわかりましたね。

やりたい事によってコーナーが分けられているので、親子連れの方にも便利だと思います。

朝霞駅からも近いですし、埼玉県朝霞市青葉台付近の方はぜひ利用してみて下さい。

Ads by google