ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケについて

herumu-toka-ruberunharutofonmorutoke皆さんはヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケをご存知でしょうか。

歴史上とてもすごい事を成し遂げたのに、未だにニュースや教科書に出てこない人物です。

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケはいったいどのようなことを成し遂げた人物なのでしょうか?下を読んでみてください。

スポンサーリンク

小さな労力で大きなことを成し遂げた戦術の才

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケは、19世紀にプロイセン(現ドイツ)の軍人として活躍した人物です。

同時期の有名人としてはビスマルクが有名ですが、ビスマルクを有名にした影の功労者といえる人物です。

当時小国家が乱立していたドイツを統一し、当時の強国であったオーストリア・フランスに勝利した偉大な軍人です。

彼の創設した少人数のスタッフによる効率的な組織運営でプロイセン参謀本部は世界に名を轟かせました。

スポンサーリンク


富国強兵を目指していた日本のお手本とも言える人物でした。

モルトケ以降のドイツは、第一次・第二次大戦を含め勝利がなかったことを考えると、地理的に不利な状況で勝利できたモルトケの才能はすばらしいものであったと思います。

また、人格的にも高潔であったとされており、オーストリアとの戦争の際に、自分の作戦に従わず単純な攻撃を仕掛け勝利をしたが損害が甚大なものになった将軍に対し、本来は命令無視を糾弾するべきところを、逆に臨機応変に対応し勝利に貢献したとして不問にした逸話があります。

Ads by google